看護師が仕事をする際にモチベーションを上げて取り組むというのはとても大事なことです。これがあるか無いかで仕事のはかどり方にも違いが出てきます。

このモチベーションを上げるという事、これには仕事に対するやりがいが大きく影響します。仕事へのやりがいを感じることにより、何事にもモチベーションを上げたままで取り組むことができます。

では看護師にとってやりがいを感じるのはどんな時なのでしょうか。

まず考えられるのが、患者さんからの「ありがとう」の言葉。これを言われた時にはこの仕事をして良かった、と心から思うものです。些細なことでも人は感謝されると嬉しい気持ちになります。

看護師をしていると、患者さん以外にも同じ病院の医師や看護師、患者さんのご家族、お見舞いにきた人など多くの人と関わります。さまざまな立場の人と関わり、誰かの役に立つことでやりがいを感じやすいのも看護業務の特徴だといえるでしょう。

看護師の職場にはチーム医療として、色々な職種のスタッフが在籍しています。同じ医療に関わる仲間として医師から意見を求められたり、看護師としての専門性を認められ、チームの一員として認めてもらえる、そんな場面があれば一層やりがいを感じやすいものです。人に認めてもらうというのは実はとても大事な事で、更に頑張ろうという気持ちになるものです。

そしてこれは看護の仕事だけに限ることではありませんが、やはりお給料をもらった時には、達成感ややりがいを感じるでしょう。自分の労働への報酬なので当然といえば当然ですが、お金を得る目標があれば、さらに頑張ろうという気持ちが湧いてくるのは確かです。お金をもらう喜びを倍増させるために、どこか行きたい場所をリサーチしたり、欲しいものをピックアップしたりするのも、モチベーションを上げる良い方法だといえます。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 白衣の天使に幸あれ. All Rights Reserved