看護師が転職で成功するためにまず覚えておきたいのが、なぜ転職するのかという理由や目的を明確化すること。

転職はそもそも、今よりも良い職場環境を求めて行うものです。残業や休日出勤が多いことを不満に思っている場合、これを改善できる職場へ就業できなければ、転職する意味はありません。

一方、給料について納得できていない場合、転職で給料が下がってしまったら不満は募る一方でしょう。転職願望は漠然とした悩みが積み重なって起きるものであり、これを的確に解決できるかどうかが転職成功の秘訣だと言えます。

また、転職で改善したい部分と、現状維持したい部分を予め考えておくことも、転職の大切なポイントです。

例えば夜勤を避けたいけれど、給料の金額を維持したい場合、根本的に基本給が高い職場を見つけなければなりません。また勉強会や会議への参加が大きな負担になっているのであれば、これらの機会が比較的少ない病院を考えた方がいいでしょう。

一番ネガティブな部分を改善するためだけに転職活動を行っていると、現状での恵まれた部分を見失う危険性があります。これを防ぐために、変えたくない部分をしっかり考えておく必要があるのです。

さらに、看護師の転職は短期で決まりやすいのも、予め考慮しておく必要があります。一般企業における転職の場合は、書類選考の上に複数回の面接を受けることは珍しくありません。

しかし看護師の転職は、人材確保を急ぐ病院が多いことから、一回の簡単な面接だけで受かる事例が少なくありません。そのため、人気がある病院はすぐに埋まってしまいます。タイミングを逃さないためにも、良い条件の求人を見つけたら即行動するようにしましょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 白衣の天使に幸あれ. All Rights Reserved